50代薄毛をカバーして若々しく見える髪型【簡単でちょっとした工夫】

薄毛をカバーする髪型
ちょっとした髪型を工夫することで5歳から10歳は若返って見えます。ショートやボブがおすすめ!簡単で決めやすい髪型を紹介します。

ボブは薄毛をカバーしやすいヘアスタイルちっとした工夫で若返る

50代でもまだまだ魅力的ですよね。同年代の髪型には目がいきますが、この方こうしたらもっと若々しく見えるのにとか思うことがありますよね。50代になるとほとんどの人はボブやショートにする方多いです。50代の後半になれば若い時のような長いロングヘアにしている人は少ないですよね。

50代になると白髪が多くなり薄毛が気になる年齢です。ちょっとした工夫で薄毛も白髪もカバーできる、髪型で5歳から10歳は若く見える髪型のポイントあります。

ちょっとしたことで若返る髪型、簡単なのに若く見えるのでそのアイデアをシェアしたいと思います。

関連記事:シャンプー次第!抜け毛やボリュームアップにマイナチュレシャンプー




Sponsored Link

薄毛をカバーしやすい髪型は短めでトップをふんわりさせる

トップがペタンコであるがために老けて見られるのが50代です。特に50代半ば以上の方はトップがふわっとしただけで若く見えます。



長い髪が好きだからと50代になっても長い髪でいる方もいますが、思い切って短くしたら、すっきりして5歳は若々しくなったと自分でもきっと思うでしょう。

意外と髪を短めにするだけで、新しい自分を発見できます。

関連記事:ほんとに白髪に効果的サプリ


ひし形シルエットのボブは朝スタイルを決めやすい

bobhair
ず~と長い髪でいたし、ショートは似合わないと思い込んでいたのですが、ある日、友人のスタイリストに髪を思いきって短く切ってもらいました。

すると

意外に似合っている!と感心したものです。すっきり感で若々しく見えるので気持ちもリフレッシュしました。それに朝がとても楽にスタイルが決まります。

シャンプーもとっても楽になり、毛先も傷まなくなり、これだ!と思いました。

関連記事:白髪の原因メラノサイトを活性化するには



たとえばボブにした場合はひし形シルエットのボブはオススメです。

トップもふんわりしやすいし、その日の気分で内巻きにカールしたり、前髪を横から自然に流す感じでも、おでこを出したり、耳に髪をかけたりと、髪型のバリエーションが楽しめます。


Sponsored Link

分け目をはっきりさせない ここがポイント

薄毛をカバーする髪型
トップや分け目が薄くなるのは紫外線やホルモンバランスが大きく影響します。

薄くなってトップがボリュームがでないと老けて見えますので、トップのボリューム、ふわ~とさせられる髪型がいいのです。

ボブ、ショートはトップからの長さが15cmぐらいにしてレイヤーカットするとナチュラルな大人の雰囲気がでて魅力的です。




Sponsored Link