50代薄毛をカバーして5歳若く見える髪型とテクニック

50代、60代になると抜け毛が多くなりてっぺんの薄毛が気になります。

若い時とは異なり、薄毛でトップがペタンコだと老けて見えます。

50代、60代になると髪のトップはボリュームがあった方が5歳から10歳は若く見えます。

薄毛をふんわりするおすすめヘアスタイルとボリュームを出すテクニックを紹介します。

薄毛をカバーして若返りましょう。

スポンサーリンク

50代薄毛をカバーする髪型

分け目を少し変えたり

長い髪なら思いきってショートにすることで

トップにボリュームがでやすく薄毛をカバーできます。

てっぺんがふんわりすると雰囲気も変わり5歳は確実に若返って見えます。

ちょっとしたことで雰囲気が変わり若々しくなります。

てっぺんがペタンコだと老けて見える

出典:美容室MAX

薄毛をカバーしやすい髪型はショートやボブです

なぜなら

てっぺんにボリュームを出しやすいからです

トップがペタンとしていると若い時と違い老けて見えます。

てっぺんにボリュームがあると若々しく見えます!

朝の忙しい時間に簡単にスタイリングができる髪型は長い髪ではなく短めでトップがふわっとしやすい髪型です。

自分は短い髪は似合わないと思い込んでいませんか?

わたしもず~と長い髪だったのでショートにすることは考えられませんでした。

ところが

長い髪を思い切って短くしたら、鏡に映る自分はフレッシュで若く見えます。

髪を短く切る前にかつらをお店で試してからでもいいと思います。

ショートやボブは見た目5歳若い

薄毛をカバーする髪型

50代になると長い髪は老けて見られる場合が多いです。

でも

短く切ってボブやショートにすると若く見られます。

髪を短くするとてっぺんにボリュームがでやすい

髪を短くしたらシャンプーがとっても楽になります。

それだけではありません。

若く見られます!

髪を短くすることで5歳若返る理由

・自分でトップにボリュームを出すことが簡単

分け目を変えやすい(同じ分け目にしていると分け目の周りが薄くなります)

分け目をぼやかすことができる

細くなった髪をカバーできる

全体的にふわっとできる

スポンサーリンク

トップをふんわりさせるポイント

トップがペタンコであるがために老けて見られるのが50代です。

特に50代半ば以上の方はトップがふわっとしただけで5歳は若く見えます。

ショートヘアは

・シャンプー後のドライヤーでくせがつけやすい

・まとまりやすい

です。

トップをドライヤーでふわっとさせるテクニック

■ドライヤーで髪を乾かす時

流れに逆らってドライヤーをあてると自然とボリュームを出せます。

(根元に右にわけていれば風を左側から、左にわけ癖があれば右側に風を送る)薄毛でもボリューム感を演出できます。

頭を下げてドライヤーを下から風を送ると根元が起きて簡単にボリュームがでます。

関連記事マジックカラーを使ってボリュームを出す

➡ 50代女性薄毛をカバー!マジックカーラーやドライヤーのテクニック3つのポイント

手くしでふわっとさせるテクニック

ドライヤーは根元から乾かすようにします。

その時に

頭を下に向けて根元にドライヤーをあてながら、分け目がつかないように指でジグザグを描くようにしながら乾かします。(トップとつむじ部分)

完全に髪が乾く前にマジックカラーを使ってふんわりボリュームを出す

※注意:ドライヤーはあまり近づけないで20cmは離してかけること

関連記事簡単ブローテクニック

50代おすすめヘアスタイル

ひし形シルエットのショートボブ

bobhair

ず~と長い髪でいたし、ショートは似合わないと思い込んでいたのですが、ある日、友人のスタイリストに髪を思いきって短く切ってもらいました。

すると

意外に似合っている!と感心したものです。

すっきり感で若々しく見えるので気持ちもリフレッシュしました。

それに朝がとても楽にスタイルが決まります。

ひし形シルエットのボブはオススメ

トップもふんわりしやすいし、その日の気分で内巻きにカールしたり、前髪を横から自然に流す感じでも、おでこを出したり、耳に髪をかけたりと、髪型のバリエーションが楽しめます。

スポンサーリンク

分け目をはっきりさせないボブ

トップや分け目が薄いところをカバーするには、分け目をはっきりさせないことです。

分け目をはっきりさせないとてっぺんの髪の薄さをごまかせます。

トップで分け目をぼやかすことでボリューム感、ふんわり感が出せます。

トップからの髪の長さでボリュームがでやすい

ボブやショートはトップからの長さが15cmぐらいにする、それ以上長さがあると髪の重みでボリュームをだしずらい。この長さにしてレイヤーカットするとナチュラルな大人の雰囲気がでて魅力的です。

くせ毛(うねり)を生かす髪型

若い時はまっすくの毛だったのに加齢でくせ毛になった方も多いと思います。

うれりが出ている場合は

そのうねりを自然なウェーブとしたヘアスタイルも魅力的です。

レイヤーを入れてうねりを自然なウェーブとして決まっているショートボブ!

関連記事:長い髪でいたい方はこちらの記事も参考にしてください。

➡ 50代でどうしても長い髪でいたい!薄毛をカバーする髪型

女性の薄毛は改善できる

これまでは薄毛をカバーする髪型やテクニックを紹介してきました。

女性の薄毛の一番の原因は女性ホルモンの減少と思います。

私の場合は抜け毛が多くなり、シャンプーした時や朝起きた時の枕についている髪の量は半端なかったです。そんなに抜ければスカスカの薄毛になるのに時間はかかりません。

もちろん生活習慣の乱れやストレス、食生活なども影響します。

わたしは女性ホルモンの急激な減少で50代半ば頃に3か月で抜け毛が異常に多くなりあっという間にてっぺんがスカスカになりました。

これには焦りました。

でも薄毛改善も早かったかと思います。

最初にやったっことはこの2点だけ

・頭皮マッサージ

・シャンプーをアミノ酸系のオーガニック

に変えました。

毎日の頭皮マッサージ

毎朝忘れずに頭皮マッサージを1分していました。

頭皮マッサージはとても大事です。

頭皮の血行を良くして毛細血管から毛根に栄養を受け入れやすくすることは大事です。

シャンプーを頭皮にやさしいオーガニックに

シャンプーは刺激の少ないオーガニック系に変えたら抜け毛は激減しました。

頭皮に悪いシャンプーを使っていたのですね。

抜け毛が少なくなれば新しい髪が生えてくるのを待てばいいだけです。

女性の薄毛は男性と違いほとんどは改善できると思います。

頭皮や髪のダメージは深刻

40代、50代、60代と年齢を重ねてくると、髪が傷んでくる人はとても多いです。

ツヤがない、パサパサ、髪の毛が細くなった、トップが薄いなど髪の悩みはきっと多くの女性が抱えています。

50代頭皮や髪が傷む原因

・白髪染めを使っている

・洗浄力が強い髪に負担がかかるシャンプーを使っている

・生活習慣や食生活の乱れ

などからツヤがないパサパサの髪、そして抜け毛が多くなってしまいます。

関連記事白髪染めをしている人、薄毛の方にシャンプーは基本これ!

➡ 白髪予防シャンプー!口コミ高評価ランキング白髪染めを長持ちさせる

関連記事一般の白髪染めは使うべきでない!頭皮や髪のダメージは著しい

➡ カラートリートメント・白髪染めにジアミンフリーを使ってますか?

最後に

女性の薄毛の方は多いですが髪型で十分に薄毛をカバーできます。

ボブやショートはトップのボリュームがでやすく、てっぺんがペタンコの方には参考にして頂きたいです。

髪型で5歳~10歳は見た目年齢が変わります。

スポンサーリンク