カラートリートメント白髪染めはジアミンフリー髪と頭皮を守る

市販の白髪染めはきれいに染まりドラックストアでも種類が多くお手頃な価格なのでまとめ買いをしている人も多いと思います。

痒みやかぶれ、頭皮や髪にダメージを与え成分の過酸化水素は白髪を増やすのです。

また

きれいに染まる市販の白髪染めには必ず入っている化学染料「ジアミン」の危険性を知っている方はそれほど多くはないのではないでしょうか?

わたしはアレルギー体質でも敏感肌でもないから使っています!

という方も多いのでは?

ところが

健康な方でも長く使っていると健康被害が出てくる可能性について詳しく知って頂きたいと思います。

スポンサーリンク

ジアミンとは

ジアミンは正式にはパラフェニレンジアミン(PPDA)といい、ヘアカラーの化学染料です。

ジアミン酸化染料のひとつで、染料成分の中でも特にアレルギー症状の頻度が高く酸化染料の俗称で呼ばれています。

以前から

ヘアカラーや白髪染めに使用されている「ジアミン」は有毒性が認められています。

今も多くの白髪染めやヘアカラーに使用されています。

白髪染めやヘアカラーを使うと、頭皮が赤くなったり、かぶれ・痒み、ヒリヒリ感など症状がでやすく、敏感肌のアレルギーの方は使用できません。

ヘアカラーや白髪染めに使用される主な酸化染料

・パラフェニレンジアミン

・硫酸トルエン2.5-ジアミン

・パラアミノフェノール

※これらは特にアレルギー発症の報告例が多い酸化染料です。

ヘアカラー、白髪染めは繰り返し使用で健康被害・死亡例の報告も・・ジアミンの健康被害について薬剤師の方の記事が記載されています。(参照 Business Journal)

アレルギー症状がない健康な方でも「ジアミン」の毒性がもたらす体への影響を知ってください。

頭皮からジアミンは体内に吸収される

アレルギー体質や敏感肌でない方も、ジアミンが入っている白髪染めを長く使用していると頭皮環境の悪化だけでなく、頭皮からジアミンは体内に吸収されます。

ジアミンの化学染料を長く使っていると身体への悪影響を知ると使うべきでないと思います。

ジアミンは髪に与えるダメージだけじゃない!

スーパーやドラックストアで販売されている白髪染めやヘアカラーにはほぼ「ジアミン」の化学染料が使われています。

手頃な価格、簡単で短時間できれいに染まるので頭皮によくないとはわかっていても簡単だからつい買って染めてしまいます。

そのため

少しぐらい

・染めた後は痒くなった

・頭皮が赤くなった

・かぶれた

・前よりも白髪染めで髪がパサパサになっている

などぐらいでは

簡単にきれいに白髪が染まるので使い続けている方多いのでは?

わたしもそうでした。

でも

ジアミンは髪や頭皮のダメージだけじゃない!

使い続けているともっと怖いことになります。

ジアミンは高い危険性があるとわかっているのに日本ではドラックストアで簡単に購入できます。

海外では発がん性があるために使用を禁止されている国もあります。

※ジアミンアレルギーの方は怖さを知っていますので、ノンジアミンの白髪染め(ヘナなど)を使っています。

「ジアミン」はどんな危険性があるの

私も「ジアミン入りの白髪染め」を何年も長く続けていました。

たまにアレルギー症状は出ていましたが、痒みが出る程度で安易に思っていました。

ところが

長く使い続けていると頭皮が赤くなっているのに気づきました。

その頃には白髪も相当増えていました。

そうしますと

染めないと見苦しいほどでしたので、白髪染めも2ヵ月に1度から3週間に1度染めるようになっていました。

頭皮へのダメージはどんどん進んでいたと思います。

もっと長く続けていたとしたら、健康被害が出ていたかもしれません。

わたしはここ数年、気管支系が弱くなっているのはジアミンが原因ではないかと思うこともあります。原因は確かではありません。

女性なら

生殖器に蓄積されて

乳がん細胞を増やしたり

貧血

肝臓

神経

腎臓障害

などの深刻な病気が起こる場合も懸念しなければなりません。

ジアミンが身体に与える危険性

・ジアミンの毒性は以前から知られ、アメリカでは美容師の20%がヘアカラーによる体の障害があるというデータがあります。

・長期にわたりジアミンの白髪染めを使用していた人が亡くなり、火葬すると頭蓋骨が真っ黒になっていることも少なくないそうです。

・発がん物質のため、ジアミンは肺から速やかに吸収され気管支・喘息や鼻の粘膜に障害が起きるほどの毒性が確認されており、頭皮へのダメージはもちろん、皮膚から入ることで炎症やむくみ、さらには腎臓障害や全身の骨格筋細胞が破壊されるほどの病気になるという最悪の危険性もあるそうです。

・ジアミンの白髪染めには農薬の100倍以上の毒性があることも指摘されています。

スポンサーリンク

ジアミン入りの白髪染めをやめた理由

ジアミンの白髪染めを長く使用し続けていました。

その結果

頭頂部が赤くなっている

髪にボリュームがない

パサパサでツヤがない

などが気になっていました。

そして

ジアミン白髪染めの有毒性を知って、これ以上続けていると健康被害にも発展しかねないと思いました。

気管支が弱くなり喘息気味になっていたこともジアミンの影響かもと考えるようになりました。

ツヤがなくボリュームがない髪はもういや

ノンジアミン(ジアミンフリー)であれば、頭皮環境がいい状態に変わっていくことを期待しました。

以前からヘナ染めをしている友人がいて「ヘナは天然植物100%」で安全です。

ただ

染めるのに手間がかかることで躊躇していましたが、これ以上はジアミンの白髪染めは使いたくないとヘナに変えました。

市販のジアミンの白髪染めからみると、大変面倒で2~3回は要領を得ずうまく発色出来ませんでしたが徐々に慣れていきます。

1回目を実行して、髪のツヤは驚くほどツヤツヤで根元の立ち上がりもありボリュームがでます。

これには大満足でした。

白髪は1回では染まりません。徐々に回数を重ねていくと染まっていきます。

ヘナ染めについてはこちらで詳しく書いていますので参考にしてください。

➡ ヘナ白髪染めの効果とデメリット!ツヤのある髪がもどるトリートメント効果が抜群

ジアミンフリーの白髪染め

私の場合は天然成分の「ヘナ染め」に変えましたが

ヘナ染めの前に「トリートメント」を試せばよかったと思うことがあります。

トリートメントは「ジアミンフリー」「過酸化水素水フリー」ですので一般の白髪染めよりははるかに安全です。

ジアミン成分が配合されていないのでアレルギーや毒性は回避でき、髪を痛めることはありません。

ただ

評判や口コミがよい白髪染めトリートメントですが、

どのトリートメントにも「塩基性染料」「HC染料」は配合されていますが、ジアミンフリーですので安心と思います。

白髪染めシャンプーよりはトリートメントは個人的にはオススメします。

白髪染めトリートメントについてはこちらで詳しく書いていますので参考にしてください。

紹介しているトリートメントは

・ジアミンフリー、タール系色素フリー

・塩基性染料・HC染料 使用

・植物染料

➡ 白髪染めシャンプーは染まらない!トリートメントは染まるどう?

手間を考えると「ヘナ染め」よりもず~と白髪用トリートメントの方が楽で簡単です。

「ジアミン白髪染め」から「ジアミンフリー白髪染め」へ

ジアミン白髪染めからジアミンフリーの白髪染めトリートメントに変えることに抵抗はないと思います。

頭皮環境改善だけでなく健康被害を心配しなくていいからです。

ただジアミンの白髪染めに慣れていると、白髪染めトリートメントは1度では白髪は染まりません。

そのことがわかっていれば白髪染めトリートメントに変えたほうがいいです。