白髪染めにカラートリートメントとヘナの併用はできる?

市販の白髪染めから「カラートリートメント」や「ヘナ」に変えようと思っている方多いと思います。

長い間市販の白髪染めを使っていると頭皮や髪の毛のダメージは避けられません。

さて

天然成分100%のヘナ染め

化学染料の塩基性染料・HC染料が配合しているカラートリートメント

どちらを選ぶかメリットやデメリットを整理しました。

役立って頂ければ幸いです。

また、ヘナとカラートリートメントの併用はできるのでしょうか?

スポンサーリンク

ヘナ染めとカラートリートメントの併用できる?

ヘナもカラートリートメントも一般的な白髪染めと異なり、1度で白髪が染まることはありません。

回を重ねるごとに色がついてきます。

私の体験談として、ジアミンの白髪染めを長年使用していて頭皮環境や髪の毛へのダメージだけでなく健康にも影響が及ぶことを知り、ヘナ染めに変えました。

私の場合はトリートメントを試さずにヘナの白髪染めに変えましたので、トリートメントに変えるつもりは今のところなく、ヘナでしばらくは白髪染めをしていくつもりです。

ドラックストアで買えるジアミン白髪染めから頭皮にやさしい白髪染めに変えるには

ステップとして

カラートリートメントを暫く試す

満足できなければ

その後に

ヘナの白髪染めに移行

この順序でいいかと思います。

カラートリートメントを試す前にヘナに移行したため、私の状況ではヘナ染めとカラートリートメントの併用は考えていません。

なぜなら

ヘナは100%天然植物だけですが、カラートリートメントは化学染料の塩基性染料・HC染料が使用されているからです。

塩基性染料・HC染料は毒性はなく安全で頭皮や髪の毛にはやさしいですが化学染料です。

塩基性染料・HC染料(化学染料)

ジアミンの酸化染料と異なり毒性はありませんが、化学染料です。

市販の白髪染めから頭皮にやさしい白髪染めを使ってみようと思った場合、カラートリートメントの白髪染めの方が簡単です。

ヘナをまだ試していなければ、先にカラートリートメントを試すほうがいいかと思います。

次のステップとしてヘナ染めをする順序がいいかと思います。

ジアミンの白髪染めからカラートリートメントに変える

市販の毒性の高いジアミンの白髪染めからカラートリートメントに変えるのはOKです。

カラートリートメントでは「ルプルプ」などは定評があります。

「ルプルプ」や「利尻昆布」などのトリートメントタイプの白髪染めは人気がありますので、試してみてください。

市販の白髪染めからカラートリートメントに変えるだけでも頭皮環境はとてもよくなります。

こちらで白髪染め用トリートメントタイプを紹介していますので参考にしてください。
↓➡ 白髪染めシャンプーは染まらない!トリートメントは染まるどう?

ヘナもカラートリートメントも頭皮にやさしいけど

わたしは市販のジアミンの白髪染めからカラートリートメントを飛び越してヘナ染めに変えました。

ヘナ染めは面倒なことはあります。

そして

1回では根元の白髪は染まりませんでした。

しかし

1回目で髪がツヤツヤになったのには驚きました。

ヘナ染めして髪が乾燥した後の髪のサラサラ感やボリューム感を体験すると、面倒でもヘナ染めがいいかなと思います。

実はうれしいことがもう一点、

つむじ割れが気にならなくなりました

ヘアートリートメントもヘナも1回では白髪は染まりません。

3回、4回と重ねていくと根元の白髪も気にならないほどに染め上がります。

ジアミンの白髪染めは簡単できれいに染まりますが、頭皮環境は長く続けているとダメージは計り知れません。

関連記事:白髪染めが長持ちするようにシャンプー選びも大切!

➡ 白髪予防シャンプー!口コミ高評価ランキング白髪染めを長持ちさせる

スポンサーリンク

白髪染めヘナとカラートリートメントの比較

根元の白髪を染めたい方へ

■ヘナとカラートリートメントの比較

ヘナ(インディゴ入り)カラートリートメント
ヘナ100%:かの子のハーブヘナ、ナイアードヘナ、ハナヘナ、マハラニ・ヘナ人気商品:ルプルプ、利尻ヘアカラートリートメント、クロエベールカラートリートメント、マイナチュレカラートリートメント
100%天然植物塩基性染料・HC染料+天然植物
染めるのが面倒染めるのは簡単
1度では白髪は染まらない1度では白髪は染まらない
低刺激で頭皮や髪にやさしい低刺激で頭皮や髪にやさしい
トリートメント効果が抜群トリートメント効果が高い
草のニオイがする嫌なニオイはしない
頭皮環境が非常によくなる
ヘナ+インディゴで色が選べるカラーバリエーションあり
ダメージを補修してツヤツヤの髪にトリートメント成分による

注意:ヘナ染めの表示があっても酸化染料(ジアミン系)が配合されているものがありますので成分を確認して選んでください。

ヘナは染めるのが面倒ですが100%天然植物のため頭皮も髪も生まれ変わります

➡ ヘナ白髪染めの効果とデメリット!ツヤのある髪がもどるトリートメント効果が抜群

ヘナと併用リライズ(花王)

最近、花王から「リライズ」という「ヘナ」と併用できる白髪染めを販売しています。

ヘナ染めが面倒なので(ヘナ染めには1~1.5時間ぐらい放置)する必要があります。

その辺が面倒な人がヘナとヘアカラートリートメントの併用ができないかなぁと思うと思います。

ドラッグストアでも買える「リライズ」は、ヘナでもカラートリートメントでも併用ができると花王さんの説明です。

どうしてヘナとリライズは併用できるのでしょうか?

リライズの着色成分は、天然由来の「ジヒドロキンインドール」という成分です。

なんだか聞きなれない成分で化学染料かと思いきや、100%天然由来の着色成分です。

この成分は「100%天然由来の黒髪のメラニンのもと」ということです。ジアミン系成分は使用されていません。

まだ使用したことがないのですが、楽で5分ほどで済むのであれば簡単です。

「リライズ」も「ヘナ」や「カラートリートメント」と同じで、数回繰り返すことで白髪が染まっていくタイプです。

根元の白髪がそれほど目立たない人や、白髪が多くない人にはいいと思います。

口コミや評価を調べると、賛否両論です。年齢や白髪の程度で評価は変わると思います。

最後に

市販のジアミン配合の白髪染めは、根元の白髪も簡単にきれいに染まります。

でも頭皮や髪の毛のダメージは長く続けていると深刻になります。

ヘナやカラートリートメントには毒性のジアミンは配合されていません。

髪にやさしいです。

どちらも髪には優しい成分ですが

ヘナは天然成分100%

カラートリートメントにはどれも化学染料の塩基性染料・HC染料が配合されています。

簡単できれいに染まる白髪染めになれているとヘナ染めは面倒です。

面倒と思う方はカラートリートメントタイプの白髪染めをおすすめします。

でも

頭皮も髪もだいぶダメージがひどい方だったら、わたしのようにヘナの白髪染めがいいです。

頭皮環境も髪の毛の質もヘナのトリートメント効果にはとても満足しています。

ただ、何度もいいますが

ヘナもカラートリートメント、リライズも1回では白髪は染まらないです。

そのことを理解して選べばいいかと思います。

スポンサーリンク