白髪の原因はメラノサイト:白髪のメラノサイトをシャンプーで活性化

白髪の改善策は「メラノサイト」を活性化させること、これが唯一やるべきことです。

加齢では白髪になるのはしょうがないと諦めている人へ

どうして50歳を過ぎても白髪染めをしていなくても黒々している方がいるのでしょう?

白髪染めトリートメントを使っているけれどトリートメントでは白髪を染めることはできますが「メラノサイト」は活性できません。

メラノサイトを活性化するいくつかの策はあります。

また

毎日のシャンプーでメラノサイトの活性度を高めることもできるのです。

ではどんなシャンプーがメラノサイトの機能を高めてくれるでしょうか?

スポンサーリンク

白髪とメラノサイトの関係

30~40代から白髪がでている方が多いのは頭皮のダメージとストレスにより、メラノサイトの機能が正常に働かなくなった場合が多いようです。ストレスは怖いですね。

メラノサイト

メラノサイトという言葉を聞いたことがあると思います。シミやそばかすなどが黒い色素を作ることですが、肌にはメラニン色素は大敵です。

しかし

白髪ケアには色素メラニンはとても重要です。

なぜなら黒髪をつくるのがメラニンだからです。

白髪とメラノサイトの関係

毛細血管から栄養が頭皮に運ばれます。メラノサイトは栄養を毛母細胞からもらってメラニン色素を作り毛母細胞に色素を送って髪を黒くなります。

しかしメラノサイトの機能が低下しているとメラニン色素は作れず、白髪として伸びてきます。

加齢という原因だけでなく、毛母細胞を老化させてしまう原因が他にもあります。

白髪や抜け毛は年齢のせいだけではない

髪の毛は、元々真っ白なもので、頭皮から黒い色素や栄養素を吸 い上げることによって、髪の毛は黒く艶やかに育っていきます。

しかし

年齢を重ねることで、栄養が頭皮に届かず頭皮がやせ衰えたり、白髪染めやカラーリングなどで頭皮を傷めています

その結果、黒い色素や栄養素が不足してしまい白髪や抜け毛が増えてくるのです。参照:服部達也先生(毛髪診療医)

関連記事髪や頭皮を痛めない白髪染めカラートリートメント

➡ 白髪染めシャンプーは染まらない!トリートメントは染まるどう?

頭皮の色でわかる頭皮の血行不良

髪を分けてチェックすると、鏡に映る頭皮の色は何色ですか?

■頭皮の色で頭皮の健康状態がわかります

健康な頭皮の色は?

・ピンクや赤色の頭皮
・黄色っぽい頭皮
・白っぽい青みかかった色の頭皮

・ピンク色の頭皮
ピンク色したきれいな頭皮だから健康そう!ではありません。
頭皮の毛穴が詰まって呼吸ができていなかったり、うっ血していたり、乾燥が進んでいる時に頭皮はピンク系になります。

トップが特に薄い人はピンク色の頭皮になっていませんか?マッサージなどで一時的に赤くなることは血流促進のためですが、常に頭皮が赤色なのは危険信号のサインです。

・黄色っぽい頭皮
黄色がかった頭皮は皮脂が酸化している状態です。脂っこい食事を摂りすぎている場合に多いです。皮脂過剰は毛穴を詰まらせる要因になります。

・白っぽい青みかかった色の頭皮
薄く青みがかった色の場合は健康な状態です。しっかりした毛根が多く残っていると、その色はうす青に視認されます。

あなたの頭皮は健康です!

シャンプーでメラノサイトを活性化

haru

シャンプーの役目は頭皮の皮脂などの汚れを取ることですが、同時に頭皮状態をよくしながら白髪に効く有効成分を毛穴に浸透させることができます。

頭皮をきれいにして毛穴にメラノサイトを活性化する栄養を浸透させるので自然と白髪から黒い髪へと変わっていくことになります。

最近はシャンプーの成分の中に頭皮ケアによいミネラルやアミノ酸や海藻成分などを配合しているシャンプーが増えています。

シャンプーに配合されている成分がメラノサイトを元気にするため白髪が減っていったり、白髪の予防にもいいのです。

➡ 白髪予防シャンプー!口コミ高評価ランキング白髪染めを長持ちさせる

メラノサイトの機能を高めるには

血行不良改善と栄養素

メラノサイトが元気でない原因は毛細血管の末端にある頭皮まで栄養が運ばれないことです。

栄養が頭皮に届かなければ

メラノサイトというメラニンが元気を失っていき黒い髪が作られず白髪になります。

しかし

血行がよく、栄養が十分に毛母細胞まで運ばれるとメラノサイトが活性化してきます。

50代の加齢を意識する年齢でも、メラノサイトが活性化され元気になれば白髪は減ってきます

血行不良を助ける頭皮マッサージはとても大切です。

1日30秒から1分でも毎日行って頭皮の血行を良くすることもメラノサイト活性化には大切です。

髪の毛に栄養が届くのは一番最後なんです

栄養素を十分に摂っていなければ髪の毛には栄養は届きません。

バランスの取れた食生活をして六大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維)をしっかり意識して摂ること

また

日本人には全般的にビタミン・ミネラルが足りていないそうです。加齢では特にビタミン・ミネラルは不足しています。

髪に大切な栄養ビタミン・ミネラルが十分摂れていなければ、白髪が増えてもしかたのないことと思います。

関連記事メラノサイトを活性化する栄養や食品

➡ 白髪サプリ成分を食品からも摂る:白髪にいい相乗効果3つ

頭皮マッサージは習慣にすること

頭皮マッサージは白髪予防、薄毛予防に直性作用しますので毎日の習慣にしてください。

毛細血管は「ゴースト血管」になりやすい

頭皮マッサージがなぜ大事かといいますと、血行がよくなり毛細血管から栄養や酸素を取り入れやすくするためです

毛細血管は太い血管と違い細いので血行不良になると血管自体が消滅してしまいます。このことを「ゴースト血管」といいます。

わたしは、トップの薄毛が毎日の頭皮マッサージで抜け毛が減り、髪が増え今はふさふさになっています。

頭皮マッサージは絶対習慣にしてください。

関連記事白髪、薄毛の改善にメラノサイト活性化に頭皮マッサージは大切です!

➡ 頭皮マッサージこそ育毛効果を早める1日30秒で血行促進!

ストレスはためすぎないこと

ストレスは筋肉や血管を緊張させます。

体のほとんどが毛細血管です。細い血管はストレスでさらに収縮して血行が悪くなり酸素も運ぶことができません。

そのため毛細血管の末端にある頭皮まで当然栄養は届けられず白髪になることは理解できます。

一日の疲れはその日のうちに取るようにリラックスタイムは必要です。

スポンサーリンク

規則正しく睡眠をとる

寝ている間には成長ホルモンが分泌されます。(子供の時だけではありません)

成長ホルモンは細胞の修復や新陳代謝を促す作用があります。

肌にも白髪にも大変大切ですので、夜11時ごろまでには床に入り、深夜の2時頃までは熟睡できるようにしてください。

深い眠りは成長ホルモンが分泌します。

外出時の紫外線に注意

肌や顔と同じように髪にも紫外線対策は重要です。

特にいつも分け目が同じ場合は紫外線には十分注意してください。紫外線には細胞を劣化・老化させる作用があります。

紫外線はメラノサイトや毛母細胞まで届きますので、外出の時は帽子や傘で紫外線対策をしてください。

スポンサーリンク

最後に

白髪を改善するカギはメラノサイトの活性化がとても重要です。

白髪は頭皮の血行不良と栄養不足が大きな要因ですが、頭皮マッサージを毎日行い、十分な睡眠やストレスを溜めない生活も大切です。

なにより

毎日使うシャンプーだからこそ頭皮環境にいい成分のものを使いメラノサイトを活性化してください。

白髪にもいい有効成分が頭皮に浸透していくことで、メラノサイトが元気になっていきます。

スポンサーリンク