50代薄毛をカバーして5歳若く見える髪型やスタイル

50代、60代になると抜け毛やてっぺんの薄毛が気になります。

簡単に薄毛をカバーするヘアスタイルのポイントを紹介します。

分け目を少し変えたり、思いきってショートにすることでトップにボリュームがでるので薄毛をカバーできます。

それだけで雰囲気が変わり5歳から10歳は若返って見えます。

薄毛をカバーしやすいショートやボブを、朝の忙しい時間に簡単にスタイリングができる具体的なアイディアを紹介します。

スポンサーリンク

50代薄毛をカバーする髪型

50代、60代はまだまだ若いですよ。

でも

確実に老化のサインは実感できます。閉経後の髪のハリ・コシ・ツヤがなくなり、抜け毛が多くなりトップにボリュームがなくなります。

抜け毛の悩みはシャンプーをオーガニックに変えるだけで抜け毛が激減します。もう1点は頭皮マッサージをすることで抜け毛の悩みは解消されます。

さて

髪型で見た目年齢は大きく変わります。

若く見られる髪型はショートやボブの短い髪型です。

自分は短い髪は似合わないと思い込んでいる方がいるかもしれません。

でも

長い髪を短くしたら、鏡に映る自分は明らかに若く見えるでしょう。

さて

薄毛で悩んでいる女性に似合う髪型を紹介します。

➡ コラーゲンペプチドは髪を太く元気にする!髪の大切な栄養素がコラーゲン

ショートやボブで5歳若返る

薄毛をカバーする髪型

50代になるとボブやショートにすることが多いです。

理由はシャンプーが楽、白髪が多いから、髪がパサパサしてまとまらないなど、50代の後半になれば若い時のような長いロングヘアをきれいに保つことが難しいからです。

➡ 50代でどうしても長い髪でいたい!薄毛をカバーする髪型

長い髪を思い切ってショートヘアにしたら5歳若返った、10歳は若く見られるとうれしくなります。

それにとっても楽!

髪を短くすることで

・トップにボリュームを出すことが簡単

分け目を変えることでボリュームがでる(同じ分け目にしていると分け目の周りが薄くなります)

分け目をぼやかすことができる

細くなった髪をカバーできる

全体的にふわっとできる

50代になると白髪も目立ち、髪が細くなります。

短い髪だと薄毛がカバーでき白髪染めも簡単

➡ 白髪の原因メラノサイト活性化って?こうすれば黒髪が戻ってくる!

トップをふんわりさせるアイデァ

トップがペタンコであるがために老けて見られるのが50代です。

特に50代半ば以上の方はトップがふわっとしただけで5歳は若く見えます。

シャンプー後のドライヤーで簡単ブローテクニックでくせがつきやすくまとめやすい髪型でもあります。

長い髪が好きだからと50代になっても長い髪でいる方もいますが、思い切って短くしたら、すっきりして5歳は若々しくなったと自分でもきっと思うでしょう。

意外と髪を短めにするだけで、新しい自分を発見できます。

ひし形シルエットのボブは朝スタイルを決めやすい

bobhair

ず~と長い髪でいたし、ショートは似合わないと思い込んでいたのですが、ある日、友人のスタイリストに髪を思いきって短く切ってもらいました。

すると

意外に似合っている!と感心したものです。すっきり感で若々しく見えるので気持ちもリフレッシュしました。それに朝がとても楽にスタイルが決まります。

➡ 50代女性頭皮の汚れは抜け毛・薄毛の原因!必見シャンプーと頭皮マッサージ

たとえばボブにした場合はひし形シルエットのボブはオススメです。

トップもふんわりしやすいし、その日の気分で内巻きにカールしたり、前髪を横から自然に流す感じでも、おでこを出したり、耳に髪をかけたりと、髪型のバリエーションが楽しめます。

スポンサーリンク

分け目をはっきりさせない

薄毛をカバーする髪型

トップや分け目が薄くなるのは紫外線やホルモンバランスが大きく影響します。

薄くなってトップがボリュームがでないと老けて見えますので、トップのボリューム、ふわ~とさせられる髪型がいいのです。

ボブ、ショートはトップからの長さが15cmぐらいにしてレイヤーカットするとナチュラルな大人の雰囲気がでて魅力的です。

最後に

50代、60代と外観は年齢的には若くはないですが、気持ちはまだ若い時です。

でも

鏡に映る自分の姿を見ると、髪型を変えたら若返るかもと思えることあります。

実際に長い髪をシャンプーが面倒だから切ったら、5歳は若返った自分が鏡に映っていました。

スポンサーリンク