薄毛に影響する紫外線対策とポイント

hat
紫外線の髪への影響はパサつきや乾燥だけでない!外出時は帽子を着用しましょう

薄毛を加速させる紫外線に注意!気を付けたいポイント

髪が薄くなる原因の一つに紫外線があります。

薄毛の原因は加齢やホルモンバランス意外にも紫外線にも要注意です。これからの季節は対策をしっかり取りましょう。

紫外線を意識する季節になりますと、傘をさして歩く女性や帽子をかぶって外出する方も増えてきます。これは髪を労わるうえでとても重要です。紫外線は肌だけでなく髪もじわじわと痛めていきます。

髪への紫外線対策はとても大切で頭皮は顔と同じように紫外線対策をしてください。

紫外線は老化を早めます。顔に日焼け止めクリームを塗って外出しますが、頭皮は太陽に直面しますので、肌と同じように気をつけたいですね。

特に分け目の広がりは紫外線の影響が大きいので、外出時には傘をさしたり帽子をかぶることを忘れずに!

紫外線が髪に及ぼす影響

kasa
海で一日、日光浴をすると髪への負担はとてもひどく、パサパサになったり、赤茶けたりした経験があると思います。これは海だけでのことではありません。街を歩く時も紫外線対策が必要です。

紫外線で髪の毛は枝毛や切れ毛になりやすいですが、毛髪のタンパク質を構成するシスティンという結合部分にもダメージが与えられるからだそうです。

紫外線はメラニンを分解して髪を痛める

紫外線が毛髪の内部のメラニンを分解してしまうため、健康な毛髪であったとしても、赤茶けた色になっていきます。髪の毛は紫外線からのダメージに反応しますので髪が赤茶けてきたり、光の加減で白っぽく見える場合もケアをして髪を労わってください。

パサついたり、明らかに乾燥していることに気づいたら、髪がSOSを発していると思ってください。

即効性があるのはやはりヘアパックでは!
関連記事・・傷んだ髪をすぐに改善するヘアパック

髪が薄くなっていくのも紫外線の影響も多いのです。特に、分け目から薄毛が広がっていきます。髪の毛を作る毛母細胞が紫外線の影響で抜け毛が多くなり、薄毛の原因になる可能性も十分にありえます。

白髪の発生も加齢やストレスだけでなく紫外線の影響もあります。頭皮の中の毛根には髪の毛を黒くする細胞がありますが紫外線のダメージによっては破壊されて白髪が発生するともいわれています。

薄毛も白髪も紫外線が影響しますので紫外線対策が大切です。

傷んだ髪を即効でよくするのはヘアパックが早い!



スポンサーリンク