頭皮環境を改善する大切な洗髪の基本の手順!余分な皮脂を取り抜け毛を減らす

shampoo2
どんなに頭皮によいシャンプーを使っていても基本の洗い方が間違っていたら、効果は半減します!

抜け毛を減らす正しい洗髪方法


年を重ねる過程での抜け毛の原因は女性の場合はホルモンバランスや頭皮の乾燥などがおもな原因です。

毎回のシャンプーの洗い方が正しくないと抜け毛がさらに増えていくことがあります。

今使っているシャンプーは頭皮に悪くないですか?

市販の刺激が強いシャンプーは頭皮環境を悪化させます。

アミノ酸系、ノンシリコン、無添加で低刺激のシャンプーで洗うのが望ましいです。



頭皮環境をよくする正しい洗髪方法



洗い方が悪いと、どんどん皮脂や汚れが頭に溜まっていき、新たに生えてくる髪の成長の妨げや、フケ・かゆみの原因にもなってしまいます。

常に正常な頭皮で、健康な髪が生えやすい地肌を作っていくにはシャンプーはとても重要です。

◎シャンプーは手のひらで泡立ててから頭皮につけて、頭皮の汚れを取るイメージで洗うこと

◎トリートメントは毛先につけます。毛穴につけないように


シャンプーの正しいやり方

shampoo
💛予備洗い
シャンプー前に頭皮を洗います。予備洗いは習慣にしてください。 皮脂や汚れを落とします。最低1分は行いましょう。 髪の汚れなどはこの予洗い時に8割方は落ちてしまいます。予備洗いをするとシャンプーの泡立ちも良くなります。

💛洗髪方法
髪ではなく頭皮をしっかり洗いましょう。 爪は立てず指の腹を使い、生え際から下から上へ引き上げるように指の腹でマッサージします。

💛すすぎ
一番おろそかにしがちですがシャンプーの倍の時間をかけてしっかりすすぎます。 頭皮環境のことを考え、頭皮にシャンプーが残ってしまうことは望ましくありません。背中にニキビが出る人はシャンプーやリンスをよく洗い落としていない方に多いです。

シャンプーはアミノ酸系、ノンシリコン、無添加で低刺激のシャンプーを使っていますか?

もし市販の刺激の強いシャンプーを長く使っている場合、抜け毛が増えてきた場合は、今ご使用中のシャンプーはおすすめしません。

低刺激のアミノ酸系、ノンシリコンシャンプーに変えるだけで抜け毛はかなり減ります。

関連記事・・アミノ酸系・ノンシリコンシャンプーが頭皮環境を改善

トリートメントの有効的な使い方

treatment
💛トリートメント・コンディショナーの量
ミディアムヘアで500円玉サイズが標準です。

💛トリートメント・コンディショナーのつけ方
手ぐしを通すようにして、下から上に向かってコンディショナーをつけていきます。短い髪の毛の場合は表面をなでつけるようにつけていきます。頭皮にはつけないように、毛穴をふさいでしまします。

💛すすぎ
シャンプーのようにしっかりすすがないで、軽くすすぎます。

💛タオルドライ・ドライヤーのかけ方
タオルドライしてからドライヤーを当てます。ドライヤーはあまり髪に近づけず20cmぐらいは離したほうがよい。


スポンサーリンク