白髪の原因メラノサイト活性化って?こうすれば黒髪が戻ってくる!

メラノサイト

シャンプーしながらメラノサイトを活性化できるとしたら

30~40代から白髪がでている方が多いのは頭皮のダメージとストレスにより、メラノサイトの機能が正常に働かなくなったからと言えます。

メラノサイトという言葉を聞いたことがあると思います。シミやそばかすなどが黒い色素を作ることですが、肌にはメラニン色素は大敵です。

しかし

白髪ケアには色素メラニンはとても重要です。なぜなら黒髪をつくるのがメラニンだからです。

若いのに白髪が増えているのはメラノサイトというメラニンが元気を失っているために白髪になります。

若いのに白髪が目立つ方はメラノサイトを元気にすればまだまだ十分に黒髪は戻ってきます。

最近はシャンプーの成分の中に頭皮ケアによいミネラルやアミノ酸や海藻成分などを配合しているのでシャンプーしているだけで白髪が減っていったり、白髪の予防にもいいでしょう。


Sponsored Link

シャンプーから栄養を毛穴に浸透

haru
シャンプーの役目は頭皮の皮脂などの汚れを取ることですが、同時に頭皮状態をよくしながら白髪に効く有効成分を毛穴に浸透させることができます。

頭皮をきれいにして毛穴にメラノサイトを活性化する栄養を浸透させるので自然と白髪から黒い髪へと変わっていくことになります。

シャンプーの成分の問題や洗い方の問題で頭皮がきれいにならずに毛穴をふさいでいる状態では頭皮に栄養は及びません。

頭皮ケアをするにはアミノ酸系でノンシリコンの無添加シャンプーで正しくシャンプーをすることが大切です。

シャンプーの成分の中にメラノサイトを活性化する成分が配合。

白髪にもいい有効成分が頭皮に浸透していくことで、メラノサイトが元気になって白髪から黒髪へと少しずつですが、いつの間にか自然と白髪が目立たなくなっていきます。


Sponsored Link