ケラチンとは髪の主成分でタンパク質の一つ

2015-09-11_114407髪を燃やすと硫黄のにおいが、これがケラチン!

ケラチンはタンパク質で髪の主成分


ケラチンとは髪の主成分でタンパク質の一つです。
髪を焦がした経験があれば、そのにおいが硫黄のような温泉の臭いに似ています。
これがケラチン(硫黄を含むタンパク質の総称)で髪の毛の99%がケラチンでできています。

ケラチンだけでなく爪や皮膚の角質層も形成する成分です。
18種類のアミノ酸が結合しています。構成しているアミノ酸の割合によって、髪や爪の硬ケラチン、皮膚の角質層の軟ケラチンに分けられます。


・食生活の乱れ
・過度のダイエット
・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ


などの原因で髪まで栄養が届かずに頭皮環境を悪化させて、抜け毛や薄毛の原因となります。

アミノ酸の組成は食事によって大きく影響されます。

バランスの取れた食生活は身体にも髪の毛にも重要です。

髪の原料となる種類のアミノ酸が不足すれば、髪の健康、もちろん身体にも影響することになります。

バランスの良い食生活を心がけることは髪にも大切です。

スポンサーリンク