育毛や抜け毛と食生活の関係/髪にいい食品は?

2015-08-30_092002

食生活は髪にも影響/髪にいい食品とは?

肌と同じく、食生活は髪にも影響します。
なんといってもバランスの取れた食生活を心がけることは大切です。


髪は皮膚と同じように、体の栄養状態が現れます。バランスの悪い食事をしていると肌の調子が悪くなるように、髪のコンディションにも影響します。
髪の主成分は「ケラチン」というタンパク質の一種です。そして「ミネラル」がケラチンの合成を促進します。

タンパク質を多く含む肉類、魚や大豆製品、ミネラルを多く含む海藻などは積極的にとるようにすること、できるだけバランスのよい食事をとることが大切です。

育毛に悪いとされる食品

脂っこい食べ物は育毛にも良くありません。男性で髪がべたべたした方は肥満気味の方に多いと思います。過度の脂っこいものを取りすぎると頭皮が脂っこくなり、詰まりやすくなってしまいます。

脂っこい食事は、血中コレステロールを高め血流を悪くさせます。
血液が毛根へ栄養を運び髪の育成につながっているので、当然栄養が届かないと髪は育ちません。特に頭皮の血管は細い為、血行不良を起こしやすくなります。


カフェインや食物繊維は亜鉛と相性が良くないとも言われています。
亜鉛を錠剤で飲む場合はコーヒーなどとはいっしょにとらないようにするのもいいでしょう。
亜鉛のサプリは安いので育毛剤と併用して摂ってもいいと思います。髪が増えます。白髪にはあまり効果はありませんでした。

また、喫煙は毛根への血行を悪くして、髪の栄養不足を招きます。

スポンサーリンク


育毛に良いとされる食品

亜鉛が多い食べ物があげられます。

たまご
髪の主成分であるタンパク質は複数のアミノ酸から構成されていますが、その中でも特に多いのが硫黄を含む含流アミノ酸(ここではシスチン)です。
髪を燃やすと独特の硫黄のような匂いがしますが、これが硫黄を含む含流アミノ酸によるものなのですね。ゆでたまごを食べると硫黄のようなニオイがしますね。たまごは髪にいいのです。

牡蠣
友人が毎週カキフライを食べていました。好きで食べていたのですが、白髪がぐっと減りました。それぐらい牡蠣には亜鉛含有量がすごいです。亜鉛が配合されている育毛サプリは育毛剤と併用することで育毛効果が早いです!

ナッツ類
松の実・ゴマ・カシューナッツ・かぼちゃの種などはとても髪にいいようです。
黒ゴマも亜鉛含有量がすごいですね。練りごまなどをトーストなどにつけて。積極的に摂るといいかもしれません。
韓国の人が黒々とした、白髪も少ないのは食文化で大量にごまを摂取しているからと、個人的には思っています。


大豆
大豆が髪に良いのは、髪の毛の主成分であるケラチンがタンパク質であるという事に由来します。また大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることで有名です。女性の薄毛はホルモンバランスが影響していることはご存知と思います。男性ホルモンによる抜け毛も防いでくれます。

日本文化では大豆料理はたくさんあります。西洋化した食事が多い方は、日本食の良さを再認識して毎日の食生活に取り入れたいですね。
納豆、豆腐、枝豆、醤油、味噌、油揚げ、おから、高野豆腐などお母さんの味が髪にもいいのです。


スポンサーリンク