ヘアサイクル(毛周期)の乱れと薄毛の関係

semilong

ヘアサイクル(毛周期)とは


抜け毛が増えた、薄毛になってきたなど、加齢だけでなく、若い方も毛周期のサイクルが乱れて、抜け毛や薄毛になっていきます。

髪の毛には1本1本の寿命があり、その寿命は3年から5年と言われています。
伸びては抜けて、また新しく生えることを繰り返しすこと毛周期(ヘアサイクル)といいます。


しかし、

ヘアサイクル(毛周期)が乱れると、髪の寿命が短くなり、通常3年から5年続くはずの成長期が数ヶ月から2年程度になってしまい、そのうちに髪が細くなったり、抜け毛が増えたりします。

ヘアサイクルの乱れが薄毛になる原因


健康な人は一日に50本から100本ほど(季節による)抜けても問題ありません。

健康な頭皮は1つの毛穴から2~3本発毛することも珍しくありません。


しかし

ヘアサイクルが乱れると、生えてきたばかりのうぶ毛が立派な毛にならなかったり成長中の毛が抜け落ちます。

ヘアサイクル(毛周期)を正常に戻すことが薄毛の改善につながります。


スポンサーリンク