髪にかかわるホルモン

tsuyu

頭髪と女性・男性ホルモンの関係

頭髪に影響を及ぼすのは男性・女性ホルモンです。

エストロジェン(女性ホルモン)・・・頭髪が成長し続ける期間を長くする作用があり 全体からみれば頭髪の成長にプラスに働いていると言えます。そのため男性よりも、女性の頭髪成長期は時間的に長いようです。

サイロキシン(甲状腺ホルモン)・・・休止期にある頭髪の成長活動を早くするように催促する働きがあり 側頭部や後頭部はこの支配を受けています。

コルチゾン(副賢皮質ホルモン)・・・甲状腺ホルモンとは逆に、頭髪成長期の開始を遅くします。しかし、分泌が過剰になると、全身多毛ということになります。


フサフサした健康な髪は 男性・女性 両ホルモンの分泌バランスが 良好な状態をいいます。

ハゲる男性は、男・女性ホルモンの分泌のバランスを崩し 髪の成長を さまたげるものと考えられています。

女性の薄毛も、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンというホルモンのバランスが不安定になる中高年齢になると、エストロゲンレベルが不安定になり デヒドロテストステロンの生産は増し 男性型脱毛が起こるそうです。

閉経後や妊娠後に、急激な抜け毛で薄毛が進行するのもこのようなホルモンバランスの影響によるものです。