CTPの効果デルメッド育毛剤/女性ホルモン減少でBMPが減る

dermed1

CTPは女性ホルモン減少で低下するBMPを促進して育毛効果

女性ホルモンの低下で髪の成長を促すタンパク質の成分の「BMP」が減ります。

髪に女性ホルモンはとても影響します。30代をピークに髪は女性ホルモンの減少でだんだんと髪が細くなり、毛量も減ってきて、薄毛が気になりだします。

女性同士だからわかる髪の悩み!
久しぶりに会う女友達と会った時に、髪を見てはっとする時があります。
顔のたるみやシワよりも、髪は年齢を顕著に表します。

女性と男性の薄毛のメカニズムは異なります。
女性は、髪が細く柔らかくなり、全体的にボリュームダウンしていく傾向がある。
これは原因が異なるためで、男性は、太く育つ前に髪が成長期を終えて、育ちきらないまま抜け落ちてしまいます。
しかし、女性の薄毛の場合は、成長期のはずの髪がしっかり育たないためです。

check1BMPとは何でしょうか?
女性ホルモンが減少すると、毛母細胞に太くしっかりとした髪を成長させるように指示を出すBMPという物質が減少します。
そのため細く柔らかい髪しか育たなくなります。CTPは、しっかりとしたハリのある髪に育つために不可欠なBMPの産生を高める作用があります。


CTP(6-ベンジルアミノプリン)を開発した会社が三省製薬です。
BMPにアプローチする育毛成分「CTP」を開発しました。



それが

2か月分たっぷり!初回半額(お一人様1個、同一ご住所あたり1回まで)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

女性用薬用育毛剤デルメッド ヘアエッセンスです。

デルメッド