「コラゲネイド」コラーゲンが、薄毛や育毛にも効果

growthf

コラーゲンが毛髪にも大切な理由は?


毛根(図を参照)には、「毛球」という部分があり、髪の毛を作りだす毛母細胞や髪の毛を黒くさせるメラニン細胞などが集まるヘアサイクルの成長期に毛髪が作られ、そこから髪の成長が始まります。

毛球は、頭皮の中の真皮に存在していて、真皮は、約70%がコラーゲンでできています。

コラーゲンは、弾力のある性質から、髪の毛に必要な栄養や血液を毛細血管からスムーズに運ぶ役割をして、髪の毛の成長を助長しています。

しかし、加齢によるコラーゲンの量や質が低下してしまうと、いくら豊富な血液や栄養があっても、毛球まで届かなくなることで髪の成長が滞ってきます。(コラーゲンは20歳をピークに減少していきます。)

女性に多い薄毛の原因は、必要な栄養や血流不足、加齢にともなうホルモンバランスの乱れ、不適切なヘアケアといわれています。

コラゲネイドは肌や爪、骨だけでなく髪にもいい効果があるのを知っていますか?

コラーゲンはオススメです。美容や健康と同時に髪にもいい成分だからです。

コラゲネイドで髪のツヤ、コシ、なめらかさのある髪に

↓公式サイト↓

コラゲネイド


髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)では、成長して抜け落ちるまでのサイクルが4~6年かかります。成長期に徐々に成長するはずが乱れると頭皮の中にある毛根から新しい髪の毛が作られなくなります。

成長期が短くなってしまうと、細く、短い髪の毛のまま、抜け落ちるスピードだけが速くなり、薄毛となっていきます。

わたしたち人間の体は約60兆個の細胞でできています。

コラーゲンはそれらひとつひとつの細胞をくっつける接着剤のような働きがあり、細胞に栄養・命令をおくる働きをします。

しかし、体の中のコラーゲンは年齢と共に劣化していきます。

コラーゲンペプチドを毎日しっかり補給することで

体内の劣化したコラーゲンの代りに細胞に命令を与えて組織を活性化し、髪・肌・爪・骨・関節など、健康と美容につながります。

コラーゲンは無味無臭なので飲み物に入れたり、料理にも使えます。

継続してコラーゲンをとっていると肌の潤いとともに髪にもツヤ、コシがでてきます。

※骨折してコラーゲンを飲み始めたのですが肌の潤いと共に、髪のコシ・ツヤがでてきています。爪の伸びが早いですね。

ニッタバイオから販売しているコラーゲン・・非常に消化吸収されやすい!
ご購入はこちらから➡ ニッタバイオラボ【コラゲネイド】

コラゲネイド


スポンサーリンク