髪の毛はアミノ酸で構成されているシスチン・グルタミン酸とは?

eiyo髪の成分は、〝ケラチン”というたんぱく質で皮膚や爪も同じ成分!

健康でつややかな髪を保つにはアミノ酸の摂取が大切


関連記事・・アミノ酸シャンプーがなぜいいのか?

タンパク質の基がアミノ酸で、髪の毛の成長にはアミノ酸がとても重要な栄養素です。

18種類のアミノ酸が結合してできたのがケラチンたんぱく質なのです。

18種類のアミノ酸の中でシスチンというのがあります。髪の毛を構成する成分のうちで比率的に多いのがシスチンでその次がグルタミン酸とロイシンです。

簡単にそれらを説明します。

アミノ酸のひとつシスチンとは


シスチンにはイオウが含まれており毛髪や爪を焼くと特有のにおいがするのは、そのイオウが燃えるためです。

薄毛や抜け毛が進行しやすいのはシスチンが不足するとおきます。

シスチンはしっかりとした髪を作り育毛効果と活性酸素による頭皮の老化を抑制する働きがあります。

食品では魚介類や玄米などの穀物、豆類に多く含まれています。シスチンは体内で生産されるアミノ酸です。

※ラーメンなどの麺類にもシスチンが含まれています。


スポンサーリンク


うまみ成分のグルタミン酸も髪にいい成分


調味料のうまみ成分で有名なグルタミン酸はシスチンの次に多い髪の毛の成分です。

グルタミン酸には天然保湿成分が多く締めています。

頭皮トラブルを起こしやすい人は保湿成分が不足していることが原因と言えます。

うまみ成分のグルタミン酸は、だしとして昆布や椎茸・魚介類等から取っています。

※昆布やシイタケでだしも取りますが、日本にはなじみ深く料理にも大活躍の食品と言えます。


健康で美しい髪を保つにはアミノ酸のバランスが大切と言えますが、過剰摂取は逆効果と言われています。

普通に食事でとっているのであれば、過剰に取るということはないと思います。


アミノ酸は健康で美しい髪を維持するためにサポートをする成分で、ダメージを受けた髪の毛を補修するにも大切です。



関連記事・・ケラチンたんぱくとは


スポンサーリンク